共食いのための習性!?

共食いのための習性!? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

オオヒキガエル
(c) Ian Waldie/Staff/Getty Images

共食い自体は両生類において珍しい事ではありませんが、オオヒキガエルはかなり強烈な共食いをするようです。

大人のオオヒキガエルのそばに子供のオオヒキガエルが近づくと、後ろ足の指をヒクヒク動かします。子供はその動きを見て、餌だと思い近づいてしまいます。大人のオオヒキガエルには、そうやって集めた子供を餌にするという習性があることがわかったそうです。

オスのオオヒキガエルの方がメスよりも共食いの習性が強いため、オオヒキガエルによる被害が拡大しているオーストラリアでは、オスはわざと捕まえないでおいて、共食いさせてはどうかということも考えられているとのこと。

仲間のカエルも餌の一つと考える両生類は結構いますが、子供を狩るための習性まで備えているっていうのは凄く不思議な気がします。他種のカエルを捕まえる為に獲得された習性なのでしょうか?こんな生き物他にいるのかな?

Discovery News Cane Toads Cannibalize Their Young
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
Linux技術者認定試験
Linux技術者認定試験(LPIC)とは、Webサーバーや企業内の基幹サーバーとして急速にシェアを伸ばしているOS、Linuxの技術力を認定する資格 http://marline5.wglorenzetti.com/
2008/08/28(木) 22:27 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssshei.blog86.fc2.com/tb.php/283-8660f732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。