FC2ブログ

商業取引禁止がもたらす野生動物の危機

商業取引禁止がもたらす野生動物の危機 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

CITESのI種に指定されて商業取引が禁止される事で、逆に野生動物に危機をもたらしているケースがあることがCITESデーターベースの解析によって裏付けられたそうです。

CITES II種からI種に昇格された生物の取引量を、商業取引禁止の5年前から禁止後3年までの9年間にわたって調査した所、禁止1年前に取引量が激増(それまでの年の2.35倍程度)していることが確認されました。つまり商業取引禁止が決定することにより、逆に取引量の増加をもたらしてしまっているのです。

この理由はもちろん禁止前の駆け込み取引によるものです。CITESでI種に指定されてから実際に国際的に商業取引が禁止になるまで240-420日の準備期間があります。調査によるとこの期間にエジプトリクガメの推定生息数の半分(2800匹)、ジェフロアネコの推定生息数の1割が取引されたそうです。(元記事には「殺された」とありますが、オリジナルのNatureの論文ではちゃんと輸入されたとなっています。)

駆け込みによる輸入量の急増が実際に日本であったかというと、前回のクモノスガメの時は端から見ている分には目立つほどあったようには思えません。エジプトリクガメの場合もI種に昇格するから輸入量が増えたというより、取引量が急増したからI種に指定されたような気がします。(I種指定により値段はそれなりに上がったという記憶があり)このへんはCITESのデーターベースをチェックすればわかるのですが、とり合えず暇がないのでパス。(そのうち調べるかも)

もちろんちょっと前に摘発された様に、I種に昇格する前に密輸して一儲けしようとするアホも国内には存在するのですが、、、

この手の一般的な問題に対応するのに一番簡単な方法は多分先にさっさとIII種に指定しておいて、その後の締約国会議でI種やII種への格上げを図ることでしょう。この場合は自国の生き物にしか対応出来ないという問題は残りますが、これはしかたがないかもしれません。また今回の調査対象の様なII種からI種への格上げの際も、輸出国が認める限り輸出量の増加を防ぐことはできませんが、自国の野生動物の利用権原は原則としてその国にあるのでCITESの取り決めを超えて規制する事は難しそうです。

個人的には有る程度の取引量の増加は仕方がないのではという気がします。ただCITESに指定された事を奇貨として新たに野生個体を利用し儲けを得ることはかなり問題があると思います。(逆にCB個体の取引は、以降一切商取引ができなくなることを考えれば利用できる範囲で増加するのは当然でしょうし、特に問題になるような行為だとも思えません)この手の問題については、後ろめたいことはしないというのが重要では無いでしょうか。

NewScientist.com Trading bans have a perilous downside for wildlife
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
折りたたみ自転車ファン
折りたたみ自転車の検索サイト。ランキング、激安、20インチ、軽量、26インチなど折りたたみ自転車に関する各種情報をお届けしています。 http://masseur.portocallrestaurant.com/
2008/09/08(月) 07:10 | URL | #-[ 編集]
雑誌
2008/09/27(土) 07:54 | URL | #-[ 編集]
美容・コスメ・香水
美容・コスメ・香水を探すなら http://www.bigwatersrealty.com/100939/
2008/10/09(木) 23:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssshei.blog86.fc2.com/tb.php/272-d726c5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。