トカゲ屋の陰謀!?

トカゲ屋の陰謀!? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

large_14turtle.jpg
(c) CHUCK COOK

リンク先はアメリカで現在審議中の子ガメの販売再会に関する記事。この件に関しては下の関連記事を見てください。記事の中にあったちょっと興味を惹かれた点について、、、

- 2005年ルイジアナで生産された亀の総数は1000万匹。60のコマーシャルファームが存在するそうです。1社あたり15万匹程生産してるって事になります。結構凄い数。

- 輸出先の中心になっていたのが中国。3年前は1匹1ドルで売っていたそうです。ところが最近価格が急落、1匹30セントに。この影響でなんと85%の業者がファームを閉めてしまったとのこと。

突然、子亀の販売を可能にする法案が出てきたのにはこんな裏がありました。日本も亀の輸入は落ちているし、ミドリガメは既に悪名が世界中に広まってしまったから、食材以外では成長要素が乏しいのは確かです。

- 記事に載っているルイジアナの業者によると、子ガメが規制されたのはトカゲのブリーダーが裏で動いたからだそうです。ペットショップでトカゲと子ガメが売られていれば子ガメを買う子供が多いだろうから、それをつぶしにかけたとにらんでいるとのこと。そうでなければ同じようにサルモネラを保菌している可能性があるトカゲが規制されていないという理屈が成りたたないと言っているのですが、考えすぎだと思います。

ちなみに、この法案はどうやら成立の方向で進みつつある様です。

nola.com Turtle farmers take fight to the halls of Congress

関連記事
子亀オーケーかな
子亀オーケーです

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssshei.blog86.fc2.com/tb.php/258-994259c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。